価格改定に気を付けよう 【具体的な値付け編】

価格改定に気を付けよう 【具体的な値付け編】

値付け 絵札

どうも、海藤です。

以前に価格改定でのミスや成功談をしてみました。

今回はさらに踏み込んで値付けがテーマ。

人と同じものを同じ値段で仕入れたとしても、値付け次第で明らかに残るお金は違ってくると思います。

最安にするのか?
FBAの値段に合わせるのか?
キリのいい数字にするのか?
はたまた、値上げするのか?

ハッキリ言って値付けに正解なんてありません。

ここで人によって個人差がかなり出てくると思います。

場合によっては商品の仕入れ以上に大事になってくるかもしれません。

できるだけ様々な具体例を交えて、私の価格改定を披露していきたいと思います。

もしよかったら参考にしていただけると嬉しいです(^^)

せどりの価格改定の具体例

基本編

まず、基本的に価格改定をする上で大事なのが、

「売れるであろう(売りたい)値段を付ける」ということです。

これが基本なのでいくら現在、値下がっている商品でも、自分がこれから先値上がりすると思っている商品だったら付き合う必要はないです。

売りたい値段でドンと構えましょう。

ただ、時事ネタなどのトレンド系の場合、一度下がったら元に戻らないものもたくさんありますので、その場合は損切りしてでも代金を回収したいところですね。

さて、価格改定をする上でもう一つ忘れてはいけないことがあります。

それがAmazonの”カートシステム”です。

中古せどりをする上ではあまり意味はないのですが、
新品せどりをする上でカートはものすごーく重要になってきます。

カートについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
《せどり・転売》Amazon『カート』を取って利益倍増計画! 『カート』を取ることの重要性

新品の商品の70%以上はカートから購入されるというデータがありますから、新品セどりは”カート取得勝負”であると言えます。

購入したものが複数なのか単品なのかでも値付けは変わってきます。

特に新品であれば縦積みすることも多いはず。

私の場合ですが、単品の商品はプライスターなどの価格改定で「FBA合わせ」にして売り切っています。
(それでカートを取れない場合はカートを取れる値段に固定します。)

単品の商品であれば、手動でマメに価格改定するよりも、価格改定をして売っちゃった方が在庫も減らせるし、後々に再度価格改定する手間が省けるからです。

では、縦積みした商品はどうか?

これは縦積みした商品のポテンシャルにもよります。

時期的なもので早めに売り切りたい商品はプライスターを使い、「FBA合わせ」に設定します。

この際に、「赤字ストッパー」をするのも忘れない方がいいでしょう。

プライスターであれば仕入れ値を入力すると、それが赤字ストッパーの役割を果たしますので、仕入れ値入力は必須です。

仕入れ値と出品価格が大きい場合には赤字ストッパーの出番です。

赤字ストッパーの基準は、「最低でもこの値段で売りたい」値段に設定するといいでしょう。

普通の商品は、赤字になる一歩手前くらい、
プレミアなどで商品が高騰している商品などでは現在の出品価格の70~80%くらいでしょうか。

この辺は自分のサジ加減で調整する必要があります。

逆にこの値段であれば、「そのうち売れるであろう」という商品ならば、価格改定せずにそのまま置いておきます。

応用編

廃盤商品などでこれ以上市場に出回ることがない商品などは価格改定をせずにやや高値で置いておくのもアリです。

特に出品者が自分だけの”俺様価格”の時はドンと構えたいですね。

例えば、自分しか出品していない商品があったとして、それを自分が10個持ってたとします。

どんな売り方をするのが一番バランスがいいでしょうか?

私なりの回答なのですが、その商品のポテンシャルの値段を読んであげることが大事だと思います。

ポテンシャルというと難しいかもしれませんが、要は「その商品が売れる値段を高値からドンドン下げていって把握する」ということです。

過去に売れたデータから読むのもいいですが、できれば自分で相場を操作したいものです。

「もしかしたらさっき売れた商品はもっと高値でも売れた商品だったかもしれない。」

「この商品の売り時は本当に今なのか?」

常に自問自答して自分なりのベストを探しましょう。

そして相場が分かったところで10個あった商品が少しずつ減り始めたとします。

そのまま10個とも同じ値段で売り切りますか?

私の答えはNOです。

私なら商品が少なくなってきた時に、俺様価格を更に釣り上げます。

残り数個になって商品代金もほぼ回収しました。

さて、ここからが本当の勝負です。

あと数個になっている時点で「売れる商品」のことは明白なので、ここで更なる利益を上乗せするために値上げします。

勝てる勝負の時は、より大きく勝つことが大事ですからね。

まとめると以上になります。

▼ まとめ ▼

〇 自分が売れるであろう値段に設定するべし!
(元に戻らなそうなものは損切りする)

〇 新品はとにかくカートを取ることを意識するべし!

〇 縦積み商品は「赤字ストッパー」を上手く使って価格改定をするべし!

〇 商品のポテンシャルを見極めるべし!

〇残り個数によっても価格を工夫するべし!

価格改定ツールも色々ありますが、個人的にはプライスターが使いやすいです。

価格改定以外にも、出品、売上管理などにも役立ちますので非常にオススメです!

プライスター

47232896
ご質問・感想はこちらからどうぞ。


V0Sig0ihh_LU37y1447232858_1447232896
おしてにゃฅ(´・ω・`)ฅ
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

管理人の”海藤”です。

詳しいプロフィール紹介

いただいたコメントには必ずお返しさせていただきますので、どんなことでも気軽にお声がけください^^

それでは、こんなネット社会の片隅であなたに出会えたことに大変感謝します。
どうか1秒でも長く、くつろいでいってくださいませ♪

モゲステーション

メルマガ配信中!!

【価格改定ツール】

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae23

楽天カード

最新コメント

  • i: この度ありがとうございましたm(_ _)m
  • たばすこ: お疲れ様です!更新があまりなかったので他のビジネスをは...
  • たばすこ: 海藤さん最近せどりしてますか?
  • こんぶ: てっきり古いアカウントだけだと思ってたのですが、現在利...
  • こんぶ: 海藤さん、さっき恐ろしいことがありました。...

このページの先頭へ