【マインド】普及の名作『銀と金』から学ぶマインドセット 著書 福本信行

【マインド】普及の名作『銀と金』から学ぶマインドセット 著書 福本信行

銀と金 

こんにちは、みらいです^^

最近、漫画のセットコミックせどりにハマってます。
意外とレアなものがあって楽しいです^^

そんな中、普及の名作「銀と金」の全巻セットを800円で入手することができました。

モノレートはこちら

これはかなり昔に読んでかなり感銘を受けた漫画です。
仮に私が漫画ランキングを付けるとしたら間違いなくベスト3に食い込んでくるであろう作品です。

名言もたくさんあるし、印象的なやり取りもたくさんあります。

今回はその中でも私も特に好きなセリフ、場面をピックアップしていきます。

銀と金 みらいの好きな場面集

銀『夢を見ろ・・・!人が生きるってことは夢を見るってことだぜ』

銀と金 夢を見ろ

ほとんどの人は生きていく上で悪い意味で現実的になり、
年齢を追うごとに夢を見なくなっていきます。

現実的になることはとてもいいことですが、
それが度を越してしまうと、

「リスクのあること、わからないことにはチャレンジしない」

といった、非常に消極的な思考に陥ってしまいます。

勿論、誰だってリスクは背負いたくないし、
分からないことを勉強するのも面倒臭いです。

特に、少しお金に余裕がある人ならなおさら。

そうやって、人は徐々に夢を見ることを忘れていきます。

そうじゃない!
人が生きているってことは夢を見るってことだ・・・!

夢(目的)がないと人生はつまらない

生きるために仕事をしているのか?
仕事のために生きているのか?

それを見誤ると、境界線がぼんやりしていき、
ただ、何も考えず走るモルモットのよう・・・。

走れど走れど、前に進むことはありません。

ラットレース

夢を見るということは諦めるよりもつらいことなのかもしれません。

しかし、

夢を見なくなったら死人と同じ・・・。

そんな意味もこの言葉には含まれているような気がします。

梅谷『それは死人の考えや・・・。』

銀と金 梅谷

銀と金 梅谷

銀と金 梅谷

この梅谷、作中ではあまり目立ちませんが私のかなり好きなキャラです。

ふつうのおっさんっぽいのにやはり思考は大金持ちの思考なんですよね。

特に、このやり取りは個人的に大好きな部分でもあります。

資産50億あった人間が守りに入らずに攻めて散った。

ここにも男の美学を感じてしまいます。

例えば、目の前に二つの道があったとしたら、

そろばんを弾いて選ぶのではなく、

「自分が好きな方、より楽しいと思える方向」
に舵を取れるようになりたいですね^^

『どんなに真面目に働いても金を持たなければ罪人』

銀と金 金を持たなければ在任

「罪人」という言い方は語弊がありますが、
そのくらい、現代社会において「お金」は重要です。

人の悩みの9割はお金で解決できる!
という言葉もあるくらいですから。

例えば、
「人生、お金じゃない」という言葉も、
貧乏人と大金持ちでは言葉のニュアンスが大幅に変わってきます。

貧乏人が言う「人生、お金じゃない」と、
大金持ちが言う「人生、お金じゃない」という言葉は、
全く別物の意味になってしまいます。

前者はどこと無く、諦めの意味合いに聞こえますし、
後者はどこか、余裕すら感じます。

まずは、お金を手に入れないと見えない世界もあるはずです。

だったら、自分の世界を広げるためにお金を持つことも大切ですね^^

今回紹介した『銀と金』
本当に面白いんでまだ見てない方は見たほうがいいですよ!^^

もしかしたら、あなたのお金の概念を変えてしまう本かもしれません。

ちなみにみらいはせどり用に仕入れたんですが、
あまりに面白すぎるんで自分用にしちゃいました。笑

《質問・ご意見募集中です!!》

みらいに聞いてみたいことはないですか?

パチンコの質問、せどりの質問、その他様々なご意見ご感想なども承ります^^

お問い合わせはこちらから♪

⇒ mirai21203891@@gmail.com ←@を1つ消して下さい。

世界はまだまだ広いです。

稼いでいるブロガーさんもたくさんおられます。

チェックはこちらから♪
↓ ↓ ↓ ↓

47232896
ご質問・感想はこちらからどうぞ。


V0Sig0ihh_LU37y1447232858_1447232896
おしてにゃฅ(´・ω・`)ฅ
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

“【マインド】普及の名作『銀と金』から学ぶマインドセット 著書 福本信行” への13件のフィードバック

  1. さんパパ より:

    銀と金は僕も全巻持ってます(*^^*)

    カイジもそうなんですけど、言葉の意味が深いですよね!

    銀さんいてほしーなーって昔、思ってました(笑)

    • みらい より:

      さんパパさん

      やっぱり持ってますよね~^^

      銀さんかっこよすぎです。
      個人的にはもっと続編が見たかった漫画の一つでもあります。

  2. いため より:

    こんにちは。^^

    福本好き多いですね。(。-∀-)

    私も全巻持ってます。^^

    • みらい より:

      いためさん

      福本さんの漫画の中でも特に銀と金はたまらなく好きです。
      いや~みんな持ってるもんですね~
      スロパチ好きな人間だと福本ファンはかなり多いと思います。

      最近のアカギの瞑想っぷりがヤヴァイですけど。笑

  3. A-K より:

    こんにちは^^

    自分も福本さんの本は持っては居ませんが恐らく殆どの本は読んでます。
    独特の世界観が堪りません(・∀・)ざわざわ

    • みらい より:

      A-Kさん

      ざわざわ・・・
      僥倖・・・!\(◎o◎)/

      ひりつくような世界観を書かせたら右に出るものはいませんよね。

      ざわざわ・・・。

  4. 比嘉 正 より:

    お疲れさまです!

    今回のマインド記事は特に
    深く考えさせられました。

    お金じゃない
    お金だけじゃない

    この差も大きいですよね(^^)

    • みらい より:

      比嘉さん

      比嘉さんの中に爪跡残せたようでよかったです^^

      もし、ちょっとでもお金への考え方を変えれば生活に変化が出るかもしれません。
      たまには真面目にっぽく語ってみました。笑

  5. ポトフ より:

    初めまして。

    福本さんが描く漫画って本当に考えさせられるシーン多いですよね‼

    金と銀名作でしたね‼

    ちなみにベタですが
    一番好きなのは
    アカギのラスト
    アカギとひろゆきの会話です(*´∀`)♪

    凄く共感した記事でコメントさせて頂きました‼

    • みらい より:

      ポトフさん

      始めまして^^

      福本ファンが集まる集まる。笑
      コメントしていただき、感激です^^

      アカギの最期も名シーンですよね。
      私も「天」は大好きです。

      これからもちょくちょくこういったネタをはさんで行くので宜しくです^^

  6. ポトフ より:

    返信ありがとうございます(*´∀`)♪

    福本さんは最高ですよね‼
    どうしたら、こんな思考やセリフ、感情が描けるのだろうって読みながら思います。

    また、コメントさせていただきま(*´∀`)♪

  7. まさきち より:

    銀と金は押入れに眠ってますw
    福本漫画は名言多いんですよね。

    「死人の考えや・・・」は心に刺さりましたね。
    このシーン覚えてます。

    お金持ちの思考が理解できなかった当時
    そういう風に思うんだなぁって。

    今見ると確かに銀行って金利は安いですw
    ちょっとは理解できたのかもしれないです。

    失いはしましたが、かっこいいおっさんですよ。

    • みらい より:

      まさきちさん

      梅谷かっこいいおっさんですよね^^
      本来はサブキャラですが味があって好きなキャラの一人です。

      こんな風に哀愁のあるおっさんってあこがれますよね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

管理人の”海藤”です。

詳しいプロフィール紹介

いただいたコメントには必ずお返しさせていただきますので、どんなことでも気軽にお声がけください^^

それでは、こんなネット社会の片隅であなたに出会えたことに大変感謝します。
どうか1秒でも長く、くつろいでいってくださいませ♪

モゲステーション

メルマガ配信中!!

【価格改定ツール】

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae23

楽天カード

最新コメント

  • i: この度ありがとうございましたm(_ _)m
  • たばすこ: お疲れ様です!更新があまりなかったので他のビジネスをは...
  • たばすこ: 海藤さん最近せどりしてますか?
  • こんぶ: てっきり古いアカウントだけだと思ってたのですが、現在利...
  • こんぶ: 海藤さん、さっき恐ろしいことがありました。...

このページの先頭へ